HOME | サイトマップ
窓、ドアのことならおまかせください エイベックエコ
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと
他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。
下見、お見積りのご依頼はこちらまで(通話料は無料です)
フリーダイヤル 0120-818-985
 ※携帯電話からもご利用いただけます。
サイト内検索 powered by Google
TOP >  施工例 > SII 断熱リフォーム補助金制度
HOMEへ戻る■  SII断熱リフォーム補助金制度 ■  
リスト お客様の声 New
リスト お問い合わせから
工事までの流れ
 New
リスト よくあるお問合せ
リスト施工例リスト
リストマーク 玄関・勝手口・浴室ドア
玄関ドア
勝手口ドア
浴室ドア
玄関・勝手口用網戸
リストマーク その他ドアまわり
その他ドア
補助錠
ドアまわり
リストマーク 窓・サッシ
窓・サッシ交換
インナーサッシ(二重窓・内窓)
網戸
窓・サッシまわり
リストマーク 面格子・目かくし・ひさし
面格子
目かくし
ひさし
リストマーク 窓シャッター・雨戸
窓シャッター
雨戸
リストマーク ガラス・鏡
断熱ガラス
防犯ガラス
強化ガラス
一般ガラス
カガミ
リストマーク エクステリア
門・カーポート
テラス屋根・ベランダ
外まわり

無料お見積りと
お問合わせ


0120-818-985
(通話料無料)

メールはこちらから

表示された価格・料金・施工時間は該当の工事のものです。同じような工事でも、施工内容や使用部材により価格が異なることがあります。詳しい価格はお見積りをご依頼ください。

new平成30年度高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業
(断熱リノベ)


申請時期やその他の情報が発表されました。

公募期間

戸建て住宅、集合住宅(個別)の公募期間

一次公募:平成30年5月7日(月)〜平成30年6月29日(金) 17:00必着new
二次公募:平成30年7月17日(火)〜平成30年8月10日(金) 17:00必着 (予定)

集合住宅(全体)の公募期間

一次公募:平成30年5月7日(月)〜平成30年6月4日(月) 17:00必着

予算がなくなり次第終了する補助金です。
気になる方はお早目にご相談ください。
(2018年4月16日更新)

環境共創イニシアチブHP
平成30年度高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

メールマガジンの登録はこちらから

メールアドレス

■住宅省エネリノベーション促進事業費補助金とは?

集合住宅の窓全部の改修で、補助対象経費の1/3(上限15万円)が戻ってくる制度です。
戸建て住宅では床・壁・天井と組み合わせる必要がありますが、
集合住宅の場合は窓のみでOK!

補助金を利用するために必要な条件は

@分譲マンションにお住まいで、
 所有者の住民票がリフォームするお住まいにあること。
Aすべての窓を対象商品を使用して断熱リフォームすること。
    (廊下・トイレ・浴室などすべて含みます)

標準的な3LDK(窓4〜5か所 ガラス面積約10u)のマンションの場合、
補助金額は約13万円!
小さな窓2か所分ぐらいがタダになっちゃう計算です。

補助金を利用するには、ご契約・工事の前に交付申請をする必要があります。
めんどうな申請手続きはおまかせください!本年度も代理申請を承ります。
(代理申請は集合住宅(個人)に限らせていただきます。)

対象商品は、真空ガラススペーシア、高断熱複層ガラスを使用した内窓や外窓です。
よくわからない。という方は是非ご相談ください。

毎回、たくさんの補助金申請のお手伝いをさせていただいています。
ご相談は無料です。ぜひご連絡ください。
ロゴ平成29年度 断熱リノベ助金工事 施工例 new
平成29年度断熱リノベ補助金施工例
横浜市戸塚区 I様宅


すべての窓に「旭硝子 まどまどstd(スタンダード)」を取付けました。

駅が近く電車の音が気になるとのことでしたが、断熱性能だけでなく遮音性能もあがりご満足いただけました。

今回ははきだし窓1か所、腰窓3か所、コーナー窓1カ所、計5窓を施工して費用は約43万円(税別)。

断熱リノベ補助金を利用することで、
約14万3千円が戻ってきました。(2017年8月)

ロゴ平成27年度(補正予算案) 補助金工事 施工例 
平成27年度(補正予算案)補助金工事
横浜市鶴見区 Y様宅

すべての窓を
旭硝子 ペヤプラス」に交換しました。
ペヤプラスは、Low-Eペアガラスの空気層にアルゴンガス
を封入し、シングルガラス用サッシに組み込めるようアタッチメントを取り付けた商品です。
結露・断熱・遮熱の効果が上がります。
ガラス交換と同時に、動きが悪くなっていた戸車の交換も行いました(補助金対象外)
今回ははきだし窓3か所、腰窓2か所 計5窓を施工して費用は約35万円(税別)(補助金対象外工事を含む)
住宅省エネリノベーション促進事業費補助金を利用して、
約11万円が戻ってきました。(2016年7月)
ロゴ平成26年度(補正予算案) 補助金工事 施工例
平成26年度 高性能建材導入促進事業補助金
横浜市磯子区 S様宅

すべての窓をカバー工法でサッシ交換しました。
はきだし窓3か所、腰窓2か所 計5か所に
断熱性能の高い内部樹脂タイプのサッシにLow-Eペアガラスを組み合わせたサッシを取り付けました。
工事費は約85万円(税別)。
1/3の約27万円が補助金として戻ってきました。

動きが悪くなったり、隙間風が気になるサッシには、
カバー工法によるサッシ交換がおすすめです。

平成26年補正予算案 高性能建材導入促進事業補助金
横浜市鶴見区 I様宅

すべての窓に内窓をを取り付けて、高性能建材導入促進事業補助金をご利用いただきました。

はきだし窓2か所、腰窓2か所 計4か所に
旭硝子まどまど (Low-Eペアガラス仕様)を取り付けました。
4窓で工事費は約30万円(税別)。
1/3の約10万円が補助金として戻ってきました。

内窓の取付で結露の悩みもなくなり、とても暖かく過ごせているとのこと。補助金を利用してお得に工事できてとてもお喜びいただいています。


平成26年度補正予算 高性能建材導入促進事業補助金
東京都大田区 O様宅

すべての窓(掃出し窓4か所)をスペーシアに交換して、高性能建材導入促進事業補助金をご利用いただきました。


4窓で工事費は約38万円(税別)。
1/3の約12万円が補助金として戻ってきました。

結露にお悩みでしたが、出入りが多い窓なので使い勝手の変わらないガラス交換をお選びいただきました。
スペーシアはリフォーム用ペアガラスの中でも最高の断熱性能があります。真空層が薄いため、アタッチメントなしでシングルガラス用のサッシに組み込める、おすすめの商品です。


ロゴ平成25年度 補助金工事 施工例
平成25年度高性能建材導入促進事業
川崎市高津区 Y様宅

全ての窓を省エネリフォームして、
平成25年度高性能建材導入促進事業をご利用いただきました。
南側の2窓は日本板硝子スペーシアに交換、
廊下側の窓は旭硝子まどまど(LOW-Eペアガラス)を
取付けました。
3窓の施工で工事費は約32万円(税別)。
1/3の約10万円が補助金として戻ってきました。
めんどうな補助金の申請も代行していします。
ご相談だけでも、お気軽にお問い合わせください。

施工例
町田市 A様邸

全ての窓を日本板硝子 真空硝子スペーシアに交換して補助金、リフォーム減税をご利用いただきました。

施工費用は約40万円。
約1/3の13万円が補助されました。

寒い地域にあるご実家では、既にスペーシアを採用されていたのでその効果については経験済み。
大変お特にリフォームすることができました。

詳しい施工例はこちら
施工例0221−スペーシア交換工事(SII補助金利用)


リスト 補助金を利用した施工例はこちら↓ (更新中)

 施工例0220-内窓取付工事(SII補助金利用)
 施工例0221−スペーシア交換工事(SII補助金利用)

ロゴ平成22年度 補助金工事 施工例
施工例183-まどまど取付(一戸建て居室全て+α)
横浜市港北区 Y様宅

居室のすべての窓に旭硝子まどまど(LOW-Eペアガラス)を取り付けて、
平成22年度NEDO補助金制度をご利用いただきました。

工事費約60万円の1/3が補助金として返ってきました。
断熱工事で、光熱費も抑えられ2重のおトクです。



詳しくはこちら↓
 施工例0183-インナーウインドまどまど7 (1戸建て居室全て+α)NDO補助金利用

ロゴSIIの補助金制度を利用できるおすすめ商品
平成30年度の補助金では、
 ・戸建て住宅では建具の交換(サッシカバー工事など)、内窓の取り付またはガラス交換と、
  外壁、床、天井の工事の組合せが必須です。
 ・マンション等集合住宅では全ての窓を、ガラス交換、建具の交換、内窓の交換でOKです。

エイベックエコでは、ガラスの交換では真空ガラススペーシア、旭硝子ペヤプラス、内窓では旭硝子まどまど、LIXILインプラス、大信工業内窓プラストなどさまざまな商品をお取り扱いしています。
それぞれに特徴がありますので、お客様のご要望にあわせた商品をご提案させて頂くことが可能です。
真空ガラススペーシア リフォーム用ガラス ダントツ1位ナンバーワン

真空ガラススペーシア
スペーシアは日差しを取り入れて室内の暖かさを逃がさない高断熱窓ガラス。
断熱性能は1枚ガラスの約4倍、
一般的な複層ガラスの約2倍です。
ガラスの厚さが1枚ガラスとほぼ同じ6.2ミリなので
いまお使いのサッシがそのまま使えるリフォームに適したガラスです。

参考リンク:真空ガラススペーシアってこんなガラス
まどまど

耐久性と断熱性、そしてインテリア性を追求した、アルミと樹脂の複合サッシです。
室内側は、熱を伝えにくいPVC樹脂製のカバーを採用することにより、優れた断熱性能を発揮します。

インプラス


業界初の新機能「ダストバリア」を採用しました。
ホコリを寄せ付けず、お掃除の負担をグンと軽減。
豊富な機能ガラスの中から、選べます
プラスト

内窓プラストは気密性が高いことが一番の特徴です。
その気密性のおかげで、断熱性能だけでなく、遮音性能にも優れています。
ロゴSII断熱改修補助金制度の概要 (抜粋)
    平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)
■ 申請期間
<戸建て住宅・集合住宅(個人)の場合>
一次公募:平成30年5月7日(月)〜平成30年6月29日(金) 17:00必着new
二次公募:平成30年7月17日(火)〜平成30年8月10日(金) 17:00必着 (予定)
 
※到着順に随時交付決定が行われます。
■ 事業の要件
以下の要件を全て満たす事業を対象とする。
  1. 補助対象製品 を用い、事業要件の詳細に従った既存住宅の断熱改修を行うこと。
  2. 集合住宅(全体)で1申請あたり100戸以上の場合、設計または工事を行う事業者がSIIに登録された断熱リノベ事業者であること。
  3. 本事業に係る建物本体(各部位の解体、仮設足場等を含む)の工事は、本事業の交付決定通知書に記載する交付決定通知日以降に契約・工事着手すること。
  4. 完了報告書を提出期限内に提出すること。

    (注)申請書類に不備・不足がある場合は原則、申請を受理しないので注意すること。
■ 申請者の資格
下記のいずれかに該当する者で、申請要件をすべて満たす場合に限り対象とする。
ただし、「別紙1 暴力団排除に関する誓約事項」に記載されている事項に反して行う事業に対しては、本事業の交付対象としない。
また、同一人物が複数物件を申請することは認めない(共同申請者及び、買い取り再販業者はこの限りではない)。

A 個人の所有者又は、個人の所有予定者 (戸建て住宅・集合住宅(個別))
  • 申請者が常時居有する住宅であること(住民票の写しに示す人物と同一であること)
  • 専用住宅であること(店舗等と居住部分が同一住宅の場合、エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できていること
  • 及び断熱工事に置いても区分されていること
  • 申請時に申請者自身が所有していること
    ※ただし転売物件の場合は、以下の1,2を満たすこと
    1.申請者は転売物件を購入後の所有者とし、交付申請時には、売買契約が締結されていること。
     ただし、当該契約内で断熱改修工事に係る契約が含まれていた場合は、事前契約とみなし補助対象外とする。
    2.改良実績報告書提出時に、当該住宅住所の住民票の写しが提出できること。
B 管理組合等の代表者 (集合住宅(全体)) 
  • 原則、当該j集合住宅の全戸を改修し、且つ改修する住戸に常時居住する住民がいること。
C 賃貸住宅の所有者 (戸建て住宅・集合住宅(全体)
  • 申請者が当該住宅1棟全て所有していること。区分所有の場合は不可とする。
  • ただし集合住宅の場合、改修箇所は1戸からでも可とする。
D 買い取り再販業者 戸建て住宅・集合住宅(個別)
  • 申請者は転売物件の売主とし、交付申請時には、売買契約が締結されていること。
    ただし、当該契約内で断熱改修工事に係る契約が含まれていた場合は、事前契約とみなし補助対象外とする。
  • 完了実績報告書提出までに承継承認を行い、買主が当該住宅を所有すること。
■ 補助対象となる製品
  1. 高性能建材(ガラス・窓・断熱材)・家庭用蓄電池
    ・SIIが定める要件を満たし、SIIに登録されている製品であること。
    ・未使用品であること。
  2. 家庭用蓄熱設備
    ・自然冷媒を用いた電気ヒートポンプ式給湯器(エコキュート等)であること。
    ・日中に太陽光で発電した電気を優先的に蓄熱に活用する運転モードを備えていること。
    ・未使用品であること
■ 補助対象となる費用
  補助交付の対象となる費用は、以下の1・2・3に該当するものとする。
  1. 高性能建材
    ・対象製品の材料費と一体不可分の工事費。
  2. 家庭用蓄電池
    ・対象製品の設備費と一体不可分の工事費。
  3. 家庭用蓄熱設備
    ・対象製品の設備費と一体不可分の工事
  • 家庭用蓄電池・家庭用蓄熱設備は戸建て住宅の断熱改修と同時に導入・改修する場合のみ補助対象とし、設備単体での導入・改修及び集合住宅に導入・改修する場合は補助対象外とする。
■ 補助率及び補助金の上限額
補助対象製品 補助率等 補助金の上限額
高性能建材
 (ガラス・窓・断熱材)
補助対象経費の1/3以内 戸建て住宅1戸当たり:120万円
集合住宅1戸ごとに:15万円
家庭用蓄電池 設備費:3万円/kWh 補助対象経費の1/3
工事費:補助対象費の1/3以内 5万円/台
家庭用蓄熱設備 補助対象経費の1/3以内 5万円/台
■ 補助対象経費と補助金交付申請予定額の算出について
高性能建材の補助対象経費は以下の表より各改修部位の断熱改修施工面積を求め、
これに補助単価を乗じたものとする。

補助対象経費(円) = 断熱改修施工面積(u) × 補助単価(円/u)

@断熱改修施工面積の求め方
 ・建築図面等をもとに、補助対象となる各改修部位の断熱改修施工面積を算出する


A補助対象経費の求め方
 断熱材・窓・ガラスに使用した製品のグレードごとに補助単価を下記の表より選択し、各断熱改修施工面積ごとに算出すること。
ただし、異なるグレードの断熱材を2層以上重ね貼りする場合は、優先順位(D1>D2>D3>D4)として一つのグレードのみを適用すること。


C補助金交付申請予定額の求め方
 ・補助金交付申請予定額は、以下A)・B)・C)の合計とする。
 ただし、B)やC)の合計金額はA)の金額以下とする

A)高性能建材
 補助対象経費の1/3又は上限額のいずれか低い金額とする。

B)家庭用蓄電池
 設備費は補助対象経費の1/3又は3万円/kWh×初期実行容量のいずれか低い金額とし、
 工事費は補助対象経費の1/3又は5万円/台のいずれか低い金額とする。
 算定した設備費と工事費を合計すること

C)家庭用蓄熱設備
 設備費と工事費の合計の1/3又は5万円/大のいずれか低い金額とする。
■審査について
  • 学識経験者を含む関係分野の専門家で構成された審査委員会で定められた審査基準に基づき、申請のあった事業について審査を行う。
戸建て・集合住宅(個別)
  • 到着順に審査を行い、随時採択する。
  • ただし、補助事業公募期間内であっても住宅区分ごとの事業規模に達した日の前日を以って公募を終了し、事業規模に達した日以降に到着した申請分は原則受け付けないので、十分注意すること。
集合住宅全体
  • 公募期間内に到着した案件について審査を行い、事業規模の範囲内で上位のものから順に採択する。
ロゴ平成30年度断熱リノベ 公募スケジュール (戸建て・集合住宅(個別))
公募期間 一次公募:平成30年5月7日(月)〜平成30年6月29日(金)
二次公募:平成30年7月17日(火)〜平成30年8月10日(金)
下
交付決定 随時採択
下
契約・着工 交付の決定通知書到着後
下
 工事代金の支払い 施工業者に全額支払い 
 下  
完了実績報告書提出 補助事業実績報告 工事完了比から起算して14日以内又は以下のいずれか早い日の17時必着、
 一次公募:平成30年12月14日(金)
 二次公募:平成31年1月15日(火) (予定)
下
審査・現地調査等
下
交付額確定通知書 審査後 補助金額が確定します。
下
清算払請求書提出 補助金額の確定後提出
下
補助金支払 清算払請求書受領後、申請時に指定した口座に振込 
    ※本公募の結果、予算額を上回った場合は終了する場合があります。
ロゴよくあるご質問
Q.SII断熱リノベ補助金ってなんですか?
高性能建材において、省エネ関連投資によるエネルギー消費効率の改善と低炭素化を総合的に促進し、高性能建材を用いた断熱改修を支援する制度です。
戸建て住宅においてはこの断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(家庭用蓄電池・家庭用蓄熱設備)のどうひゅう・改修支援も行われます
(エイベックエコでは集合住宅(個別)・集合住宅(全体)のみ代理申請をお受けしています)

集合住宅にお住まいの方は窓の改修のみでOK!
マンション等集合住宅にお住まいの方に特にオススメな補助金制度です。
Q.平成29年度断熱リノベ補助金からの大きな変更点はどんなことですか?
@補助対象経費の算定方法が変わりました。
平成29年度までは、お見積額の約1/3でしたが、本年度は断熱材・窓・ガラスに使用した製品のグレードごとの補助単価×施工面積の1/3(上限15万円)が補助金交付申請予定額になります。

日本板硝子スペーシアはガラス交換のG1グレード(補助単価 40,000円/u)になります。
交換するガラスの面積の合計を10uとすると

補助単価 40,000円 × ガラス面積 10u = 400,000円(補助対象経費) の1/3
133,333円が補助金交付申請予定額になります。

A到着順の審査です。
 予算がなくなり次第終了するのでお早目の申請がおすすめです。

B使用状況の報告(定期報告アンケート)が必要です。
 省CO効果等の情報の取得、分析についても事業の目的としているため、補助対象事業完了の後、補助事業者(居住者等)は2年間、半期ごとにSIIが定めるエネルギー使用状況の報告(定期報告アンケート)を行う義務があります。

詳しくはお見積時にお伝えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
Q.どんな工事をしたらSIIの補助金制度が使えますか?
■集合住宅の改修
 窓全てを、ガラス交換または建具の交換、内窓の取り付けいずれかの省エネリフォームする。
 改修済みの窓がある場合は、残り全ての窓を改修すること。

しつこいようですが、マンション等の集合住宅にお住まいの方にオススメの制度!
Q.エイベックエコにお願いできる補助金制度対象工事は?
エイベックエコは窓と窓まわりの専門店。
窓の改修工事を担当させていただきます。
代理申請については、窓の改修工事のみで申請できる集合住宅の場合お手伝いが可能です。
Q.その他の補助金と一緒に使えますか?
同一の補助対象物について、国からの他の補助金との重複受給はできません。
各自治体で行われる補助金と併用できる場合があります。
詳しくは各自治体へお問い合わせください。

以下の補助金とは併用可能です。
※横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度、
※東京都既存住宅における高断熱窓導入促進事業
Q.すぐに工事はしてもらえるの?
申し訳ありません。交付決定通知書が届いてからの工事となります。
Q.申請ってめんどうじゃありませんか?
申請期間が短くご用意いただく書類がいくつかありますが、書類の作成等は当社で行わせていただいています。
図面などをご用意いただく手間はかかってしまいますが、できる限りお手伝いさせていただきます。
ロゴSII補助金制度と一緒に利用できるおトクな制度
◆所得税減税 (省エネ改修所得税特別控除)
 ・居室すべての窓を省エネリフォームすると受けられる減税制度です。
  工事費用の10%が所得税から税額控除されます。

◆固定資産税減税 
 ・省エネリフォームの工事代金が50万円以上(補助金を除く)でご利用いただけます。
  固定資産税のうち家屋にかかわる部分の1/3が翌年度減額されます。

 今回の補助金制度と同時利用可能です。
  詳しくはお問い合わせください。

     リスト 省エネリフォーム減税で 所得税・固定資産税を減額できます


◆その他自治体で行われる補助金が併用できることがあります。
 詳しくは各自治体にお問い合わせください。

併用可能な補助金
東京都:既存住宅における高断熱窓導入促進事業
 工事費用の1/6が戻ってきます。
横浜市:住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度
 窓の大きさに応じた補助金が戻ってきます。
 
まずはお問い合わせください
  まずはお問い合わせください
年に1〜2回不定期に行われる大変おトクな制度ですが、
公募期間が約1か月と大変短いため見逃してしまいがち。
開始前でもご相談を受け付けています。

メール または お電話で お気軽にご相談ください。


     お問い合わせはこちらから        

このページの先頭へ
  
※表示の価格は施工費、処分費、諸経費等を含みます。工事内容によって価格が変わる場合もございますので詳しくはお問合せください。


   有限会社 ワイズ・ワン
   神奈川県横浜市港北区新羽町2763
   電話 045-546-9962 FAX 045-546-9963
   メール mado-garasu@yz-one.jp

玄関ドア・断熱サッシ・窓の結露防止・防犯ガラスをはじめ、
シャッター・門扉・カーポートといったエクステリアなどの住宅建材を扱っています。
防犯ガラス、防犯フィルム、結露、等々、窓まわりでのお困りごと、
その他住まいのご相談はお問い合わせフォームより受け付けています。お気軽にご利用ください