12月 252017
 

 

 【平成30年度環境省重点施策集】より抜粋
『高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業』

 

CO2削減の為、ここ数年同様の補助金制度が続けて行われていますが、
平成30年度予算案が12月22日に閣議決定されたことを受け
来年度も窓の断熱リフォームで補助金が受けられそうです。
予算案ですので、正式な決定でありません。あらかじめご了承ください。

従来は経済産業省が行ってきた事業ですが、来年度は環境省との連携事業となるようです。
執行窓口についても従来はSII(環境共創イニシアチブ)でしたが、現時点では未確定。
実施スケジュール等の詳細も未定です。

『高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業』
本年度と同様なら、集合住宅で内窓(2重窓)や、高断熱ガラスへの交換、断熱窓へのリフォームで
最大15万円戻ってきます。
15万円というと、一般的な2LDKのマンションの場合、内窓の設置や高断熱ガラスへの交換でおおよそ1/3。
断熱窓へのリフォームで、おおよそ1/5程度が全体費用からの補助額の目安になってきます。

国の予算で行われる事業ですので、国内どこにお住まいでも対象となります。
また、東京都の助成金や各地方自治体で行われている助成金、補助金制度との併給が可能な事も
ありますので、タイミングよく上手に使うとかかった費用の半分が戻ってくるような事もあります。

当店は窓とガラスの専門店です。
面倒な申請の代行も行っており、毎回たくさんのお客様をご案内しておりますので
安心してご相談ください。

下記当店のHP内の補助金のご案内ページです。
ぜひご参考にしてください。

●本年度(平成29年度)の補助金の内容はこちら
⇒ 平成29年度「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」

●現在東京都で行われている、既存住宅における高断熱窓導入促進事業についてはこちら
⇒ クールネット東京 既存住宅における高断熱窓導入促進事業

 

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

9月 302017
 

東京都にお住まいの方限定ですが、内窓や、高断熱ガラスへの交換、あるいは窓の断熱リフォーム工事で
助成金がもらえます。
【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】 平成32年3月31日までの事業です。
窓の断熱リフォームで、国や各都道府県、さらに市区町村でも補助金や助成金制度が行われています。
併用が可能な制度もあるので、うまく使えばリフォーム費用の半額で工事ができるかもしれません。

今回ご案内の東京都、既存住宅における高断熱窓導入促進事業の大きな要件は
家の窓を全てリフォームする必要はなく、最低限の条件として、1居室の窓は必ず全て工事する必要がある
という所です。
例えば、寝室に窓が1つならその窓さえ断熱リフォームすれば、その他は工事してもしなくてもOK。
もちろん工事を行えば助成金の対象になります。

申請には専門知識が必要な制度も多く、自分でやるのは難しいけど誰に頼んでいいのかわからない。
小さなリフォーム工事なので頼みずらい、という声もありますが当店では全てではありませんが、
申請も代行して行っております。
東京都の助成金制度も、代行申請を行っておりますので、ぜひご相談ください。

【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

4月 062017
 

横浜市港北区のお客様から、窓の断熱対策で2重窓(内窓)のご注文をいただきました。
大信工業の内窓プラスト 引違い窓 と 内開き窓 です。
ガラスは高断熱なLOW-Eペアガラスをご採用いただきました。

カラーは3色ある中の、ヒノキ調をご選択。
一般的には、和室に使用するカラーですが、暖かみのある色合いで洋室でもお使いいただけます。
内窓プラストは、他メーカーの内窓には必ず付いてくるロック(クレセント)がありません。
ロックを使用する事なく、高気密化が可能な構造になっている為です。
内窓プラストは、防音性能に定評がありますが、気密性が良い=断熱性能も高い という事になります。

ご自宅でピアノ教室をやられている方や、車や電車の騒音対策でのお問い合わせが非常に多い商品です。
内窓プラストは高いんでしょ? というお話をよく耳にしますが、そんな事はありません。
防音対策で使う場合、防音専用のガラスと組合わせる事が多いのですが、防音ガラスが高いので
内窓プラストが高いという印象になってしまいます。

こちらのお客様は、腰高窓2ヶ所、開き窓1ヶ所、それと網戸の工事をご注文いただき
約20万円のご契約でした。
ご注文ありがとうございました。

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

4月 042017
 

平成29年度予算 「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」

住宅における省エネ関連投資を促進することで、エネルギー消費効率の改善を促し、
徹底した省エネを推進する観点から、既築住宅の省エネ化に資する高性能建材を用いた住宅の断熱改修を
支援する事業です。

簡単に言うと、既存の住宅を高性能な断熱建材を使用して改修(リフォーム)工事を行うと、
国から補助金が出ます。
という事業です。

昨年も同様の制度が行われていました。
昨年同様、「SII環境共創イニシアチブ」 が執行団体に決定しています。
まだ正式な公募内容は発表されていませんが、どうやら今回は補助額が
少し減ってくるような話になっています。
とは言え、現在行われている 「住宅ストック循環支援事業」 よりもお得な制度となりそうです。
お得ではありますが、高性能な製品を使う必要がある事や、ちょっとしたリフォームでは対象にならない
という所は、昨年と同様と考えられます。

SIIから、普及促進を目的としたパンフレットが発行されています。
省エネリフォームの意義・概要、効果、事例紹介について書かれております。
ぜひご参考にしてください


◆省エネリフォームで快適な住まいへ◆

当店は窓とガラスの専門店ですので、窓とガラスの断熱リフォームのみの対応となります。
当店のHPでも随時ご案内していく予定です。
補助金のご案内のみの、メールマガジンもありますので、ぜひご登録してください。
こちらのページに、昨年行われた時の簡単な内容や施工例なども掲載しています。
SII断熱リフォーム補助金制度

お問い合わせもお待ちしております。

 

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

10月 272016
 

 

※国土交通省、「住宅ストック循環支援事業について」より抜粋です住宅ストック循環支援事業
11月1日より事業者登録がはじまる、「住宅ストック循環支援事業」いよいよスタートです。
たくさんのお客様にご案内していきたいと思います。
補助金はいろいろな形で受けられるのですが、当店は窓とガラス、それと玄関ドアの専門店です。
ここでは、エコリフォームでもらえる補助金で、開口部(窓やドア)に対する補助金についてお伝えします。

以前行っていた、住宅エコポイント制度と大きく違う事が2つあります。

1つ目は、住宅エコポイント制度では、ポイントをもらって品物と交換していましたが、
住宅ストック循環支援事業では、現金になる事です。
お客様にとっては、とてもうれしいお話ですね。

2つ目は、住宅エコポイント制度では、1窓でもポイントが発行されていましたが
住宅ストック循環支援事業では、申請できる下限が決められています。
補助額5万円以上じゃないと、補助金がもらえない仕組みです。
これは、お客様にとってはうれしくない話です。

具体的に、上の表を見ながら考えてみます。
内窓を設置する場合、テラスサイズの窓に取付けると区分は「大」になるので、補助額20,000円になります。
この補助額の合計が50,000円以上にならないと、申請できない仕組みです。
例えば2LDKのマンションで、ベランダ側にテラスサイズの窓が2つ。
廊下側に、腰高サイズの窓が2つあるとします。
大きさ区部が「大」+「大」+「中」+「小」だった時、20,000+20,000+14,000+8,000=62,000円となり
申請できますが、ベランダ側の「大」+「大」だけだったり、廊下側の「中」+「小」だけの時には
50,000円に満たないので、補助対象外になってしまいます。
1LDKのマンションでは、全部の窓をやっても補助金がもらえない事もあるという事です。

断熱タイプの玄関ドアだと25,000円なので、ドアだけの工事では補助金はもらえません。
それどころか、玄関ドアと勝手口ドアの両方を断熱ドアにリフォームしても
大きさにもよりますが、一般的にはドア交換の「大」+「小」になり、45,000円。
補助対象外になってしまいます。

このように考えると、実際のところ以外とハードルの高い補助金制度ではないかと思っています。
しかし無いよりはあった方が、断然うれしいですね。
窓が寒い。結露がひどい。玄関ドアが古くなったのでこれを機会に断熱タイプのドアに変えよう。
そんなお悩みがあれば、ぜひぜひ活用してください。
分からないことがありましたら、ご相談ください。
(今のところ私共もわからない事が多いのでご了承ください)

お待ちしています!
当店ホームページへ⇒住宅ストック循環支援事業(エコリフォーム)

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

Get Adobe Flash player

Recent Images Plugin developed by YD