10月 272016
 

 

※国土交通省、「住宅ストック循環支援事業について」より抜粋です住宅ストック循環支援事業
11月1日より事業者登録がはじまる、「住宅ストック循環支援事業」いよいよスタートです。
たくさんのお客様にご案内していきたいと思います。
補助金はいろいろな形で受けられるのですが、当店は窓とガラス、それと玄関ドアの専門店です。
ここでは、エコリフォームでもらえる補助金で、開口部(窓やドア)に対する補助金についてお伝えします。

以前行っていた、住宅エコポイント制度と大きく違う事が2つあります。

1つ目は、住宅エコポイント制度では、ポイントをもらって品物と交換していましたが、
住宅ストック循環支援事業では、現金になる事です。
お客様にとっては、とてもうれしいお話ですね。

2つ目は、住宅エコポイント制度では、1窓でもポイントが発行されていましたが
住宅ストック循環支援事業では、申請できる下限が決められています。
補助額5万円以上じゃないと、補助金がもらえない仕組みです。
これは、お客様にとってはうれしくない話です。

具体的に、上の表を見ながら考えてみます。
内窓を設置する場合、テラスサイズの窓に取付けると区分は「大」になるので、補助額20,000円になります。
この補助額の合計が50,000円以上にならないと、申請できない仕組みです。
例えば2LDKのマンションで、ベランダ側にテラスサイズの窓が2つ。
廊下側に、腰高サイズの窓が2つあるとします。
大きさ区部が「大」+「大」+「中」+「小」だった時、20,000+20,000+14,000+8,000=62,000円となり
申請できますが、ベランダ側の「大」+「大」だけだったり、廊下側の「中」+「小」だけの時には
50,000円に満たないので、補助対象外になってしまいます。
1LDKのマンションでは、全部の窓をやっても補助金がもらえない事もあるという事です。

断熱タイプの玄関ドアだと25,000円なので、ドアだけの工事では補助金はもらえません。
それどころか、玄関ドアと勝手口ドアの両方を断熱ドアにリフォームしても
大きさにもよりますが、一般的にはドア交換の「大」+「小」になり、45,000円。
補助対象外になってしまいます。

このように考えると、実際のところ以外とハードルの高い補助金制度ではないかと思っています。
しかし無いよりはあった方が、断然うれしいですね。
窓が寒い。結露がひどい。玄関ドアが古くなったのでこれを機会に断熱タイプのドアに変えよう。
そんなお悩みがあれば、ぜひぜひ活用してください。
分からないことがありましたら、ご相談ください。
(今のところ私共もわからない事が多いのでご了承ください)

お待ちしています!
当店ホームページへ⇒住宅ストック循環支援事業(エコリフォーム)

エイベック エコHP 
(通話無料) 携帯電話からもご利用いただけます.
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと 、他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。お気軽にお問合せ下さい。
メールでのお問合せはこちら : mado-garasu@yz-one.jp
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。 にほんブログ村

Sorry, the comment form is closed at this time.

Get Adobe Flash player

Recent Images Plugin developed by YD